雅の家は適正価格

坪単価は設定していません。

見学会やお問い合わせでよく坪単価を聞かれる事がありますが、私達は初めから坪単価を設定してのプランニング、お見積もりはしていません。

今までの実績で概ねの坪単価はわかりますが、その坪単価はこれから家を建てる人にとって参考になるのかは、お客様のご要望を聞いてみない事にはわかりません。

本来、注文住宅はお客様それぞれ違うご要望からプランという形を作り、お見積もりをして建物が出来上がっていくもので、当然間取りも違えば内装や設備機器等のご要望、拘りが違うため、一概に坪単価いくらと決めてプランニング出来るものではないと考えています。

わかり易い例ですと、薪ストーブはストーブ本体と煙突、取付費で概ね100万円以上は掛かります。そこで坪単価が約3万円高くなりますが、薪ストーブが付いていない住宅より単純に坪単価が3万円高いとはならないと思うのです。

もう一つの例として、内装壁の仕上げもビニールクロスの家とシラス壁を使った塗壁仕上の家を坪単価だけ見て高いとはならないと思います。

プランニングが終わり最初のお見積もりの際は、全ての使用や設備機器等をお客様から指定頂くことはあまり現実的ではありませんので、私達が今まで使って来たもの、見て来たもの、新商品でこれはお薦め出来ると思ったものを各メーカー、各商品、中から上グレードのものをお見積もりに反映させて頂きお見積りします。

その理由は各メーカーが長年の商品開発の中で自信を持ってお勧めしているのが中グレード以上のものだからです。

そして、最初から一番下のグレードを設定しないことで、仕様を変えることで追加ばかりになってしまうのを避けることが出来ます。

その後お客様のご予算に合わせてご検討して頂き、ご予算に合わせていく作業を進めていき、最終的な建物の価格を決めていきます。

建物の価格というのは、そのお客様のご要望、拘りで変わるもの。最終的に決まった金額は決して安くも高くもなく、お客様にとって適正な価格であると私達は考えます。