代表挨拶

建築業界一筋、18年目になります。

この間、住宅やマンションの新築、リフォーム。飲食店の改修工事や外構工事等で現場での雑用、作業員、大工見習、設計、申請業務、営業と多くの仕事を経験してきました。

初めの約10年間はローコスト住宅、年間の軒数だけを追い求める会社で流れ作業のように毎日仕事をしていました。

その中でいつも疑問に残ることがありました。

それは、本当にお客様に満足して頂こうと思って家造りをしているのだろうか・・・

どのお客様に対しても自社の型にはめてしまい、お客様の要望に本気で応えようとしない。
現場管理として軒数をこなすだけになると、一度もお客様に会う事が無く工事が終わってしまうなんて事も多々ありました。

その後勤めた会社では拘りを多く持ったお客様が多く、今までとは違い既製品をはめこむだけではお客様の要望に応えることが出来ずに、対応に苦労したことがありましたが、その要望に応えて完成した時のお客様の喜んでいる様子がそれまでとは全く違い、住んでからも自分の家を自慢するほど喜んでいるお客様が沢山いました。そしてそれが自分の喜び・仕事のやりがいになっていることに気付きました。

本来、家造りは建てる側もお客様も楽しんで造り上げていくものだと思います。

完成までお客様に決断して頂くことも多々あり、大変なこともありますが、その大変なことも良い思い出になり、心の底から満足して頂けるよう、時にはプロとしての意見を申し上げさせて頂きながら理想の住まいに導いてみせます。

代表取締役 森本 雅之

1979年10月30日生まれ
趣味はスポーツジムでのトレーニングと読書