シラス壁

夏はジメジメ、冬は乾燥し過ぎる。
こんな環境では快適に暮らしていくことは出来ません。

雅の家は、家の中で一番大きい面積の壁の仕上げにシラス壁を採用しています。

シラス壁とは何か。
いわゆる塗壁仕上げですが、珪藻土でも漆喰でもなく、消臭・調湿・殺菌・マイナスイオンの発生など、住まいにとって良いこと尽くしの新素材です。
夏はエアコンをつけているかと間違われるほど涼しく、冬は適度な湿度の中で暮らすことが出来ます。

また、世の中にある塗壁材と言われるものの中には自然素材と謳いながら、自然素材がわずかに入っているだけで、上記のような効果が殆ど無いものも多くあります。
この様な材料は安い材料が殆どです。

シラス壁は原料の100%が自然素材で、製造時に焼き付けなどの工程もなく、製造から商品になるまでも環境にとても優しい材料です。

今まで色々な塗壁材を探し続け、使ってきた中で、住み心地が良くなり、価格・施工性などを全て踏まえたうえで一番良い材料がシラス壁でした。

シラス壁の仕上げは左官職人さんが丁寧にコテで仕上げます。
様々な仕上げパターンが出来ますので、現場で楽しく打合せをして、その家だけのオリジナルに仕上げていきましょう。

シラス壁は左官職人の出番です。
壁一面、職人技で仕上げていきます。
木鏝横引き仕上
櫛目横引き仕上
和室らしい雰囲気に仕上がります。

高千穂シラス
http://www.takachiho-shirasu.co.jp/