カエデの床板

dsc01330

お客様が購入、製作の依頼をしていた材料を音更の木蔵さんに引き取りに行きました。
写真は和室の床の間の床板として、床に置いて使うカエデの銘木。
特に床の間のスペースは作りませんが、この材料を床に置いて床の間の代わりとして、お花など置いても和室の雰囲気が出来上がりますね。
お客様の案ですが、これは良いアイデアだと思います。

img_0698
外壁はモルタルの塗壁と、杉の羽目板の組み合わせ。
モルタル下地のラスを張っています。
左官屋さんがラスからモルタル仕上げまでを行うことが多かったのが、今はラスを専門に張る業者さんも出て来ました。

コメントを残す